アントシアニン生合成系酵素遺伝子の導入によるトレニアの花色変化の方向性

タイトル アントシアニン生合成系酵素遺伝子の導入によるトレニアの花色変化の方向性
担当機関 野菜・茶業試験場
研究期間 1999~1999
研究担当者 間竜太郎
岸本早苗
柴田道夫
田中良和(サントリー基礎研究所)
発行年度 1999
要約 〔要約〕トレニアに形質転換法によりアントシアニン生合成系のCHSあるいはDFR遺伝子をそれぞれセンス方向及びアンチセンス方向に導入し花色を改変した。その結果、遺伝子の導入方向により着色パターンが、遺伝子の種類により色調が異なった。
キーワード トレニア、アントシアニン生合成系のCHSあるいはDFR遺伝子、花色野菜・茶業試験場 花き部 育種法研究室
背景・ねらい 花きにおいて花色は最も重要な形質の1つであり、花色の改変は大きな育種目標である。当研究室は、試験管内開花が可能であるなど花色発現解析のための実験材料として適していると考えられる、ゴマノハグサ科花きのトレニアの形質転換系を開発した。そこで、トレニアにアントシアニン生合成系酵素遺伝子を導入し、花色発現について解析することにより、遺伝子組換えによる花色発現調節に関する基礎的な知見を得ようとする。
成果の内容・特徴
  1. 形質転換体の花色の変化について解析した結果、アントシアニン生合成系において上流に位置するカルコン合成酵素(CHS)遺伝子を導入した場合には花色が赤みを帯びるのに対し、下流に位置するジヒドロフラボノール還元酵素(DFR)遺伝子を導入した個体では花色が青みを帯び、導入遺伝子の種類によって色調を微妙に変えることができた(図)。
  2. アントシアニン生合成系酵素遺伝子を、センス方向に導入した場合には筒状部のみが白くなることが多いのに対し、アンチセンス方向に導入した場合には花冠全体が淡くなることが多く、遺伝子の導入方向によって着色パターンを変えることができた(図)。
成果の活用面・留意点
  1. トレニアの花色の改変に利用できる。
  2. 他の花きにおける遺伝子組換えによる花色の改変のためのモデルとなる。
図表1 227639-1.jpg
カテゴリ 育種 トレニア

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる