ダイズの難裂莢性DNAマーカー

タイトル ダイズの難裂莢性DNAマーカー
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
研究期間 2006~2008
研究担当者 羽鹿牧太
山田哲也
石本政男
船附秀行
辻博之
田中義則(十勝農試)
藤田正平(道立中央農試)
藤野介延(北大院農)
萩原誠司(十勝農試)
発行年度 2008
要約 ダイズ品種「SJ2」由来の難裂莢性遺伝子は多様な遺伝的背景で効果を発揮し、その選抜DNAマーカーは裂莢し易い国内の主要品種と多型を示すことから、機械収穫適性に関するマーカー育種に有用である。
キーワード ダイズ、機械収穫適性、難裂莢性、マーカー育種、高精度マッピング
背景・ねらい
    近年、ダイズ栽培においてコンバイン収穫が全国的に普及し、それに適した品種の育成が求められている。莢がはじけにくい性質(難裂莢性)はそのために重要な形質であるが、国内で育成された難裂莢性品種は少なく、普及面積は10%に満たない。全国に対応した品種群を迅速に育成するためには、難裂莢性に関する簡便かつ高精度なマーカー選抜システムが必要である。そこで、北海道で利用実績のある、タイ品種「SJ2」由来の難裂莢性遺伝子に強連鎖し、かつ国内の主要な易裂莢性品種と多型を示すDNAマーカーを高精度マッピングにより開発し、その効果を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 「SJ2」由来の難裂莢性遺伝子が座乗する遺伝子座qPDH1は、第16染色体(旧分子連鎖群J)の29547kb(マーカーA)から29681kb(マーカーB)までの領域内に存在する(図1)。
  2. 「SJ2」と易裂莢性品種「トヨムスメ」とのゲノムを比較すると、この領域で挿入/欠失配列が見いだされ(図1)、その配列をもとに設計したPCRベースのマーカーがSRM1、SRM2である(表)。いずれのマーカーも難裂莢性遺伝子との遺伝距離は0.2cM未満と推定される。
  3. 「SJ2」由来の難裂莢性品種・系統(ハヤヒカリ、ユキホマレ、十系992号、CH001)は、すべてSRM1およびSRM2に関して「SJ2」と同じ対立遺伝子型を示す(表)。
  4. 一方、裂莢性が易から中程度の国内主要品種(トヨムスメ、キタムスメ、トヨハルカ、フクユタカ、タチナガハ、サチユタカ、エンレイ、リュウホウ、スズユタカ、すずかおり、あやこがね、ナカセンナリ、ことゆたか、ふくいぶき)は、SRM1に関して、すべて「SJ2」と多型を示す(表)。
  5. 「すずかおり」以外の上記主要品種は、SRM2に関しても、「SJ2」と多型を示す(表)。
  6. 対立遺伝子型(増幅されるDNA断片の長さ)の差異に基づき(表)、SRM1は小型のポリアクリルアミドゲル電気泳動で、SRM2はアガロースゲル電気泳動で簡易に判別ができる。
  7. 「SJ2」由来の難裂莢性遺伝子をもつ品種・系統と易裂莢性品種・系統の交雑後代では、栽培地に関係なく、SRM1が「SJ2」型のものは難裂莢性になる(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. ダイズの難裂莢性に関するマーカー選抜に利用できる。
平成20年度北海道農業試験会議(成績会議)における課題名および区分
 「水稲新品種候補「上育糯450号」」  (普及奨励)
図表1 214063-1.jpg
図表2 214063-2.jpg
図表3 214063-3.jpg
カテゴリ 育種 新品種 水稲 大豆 DNAマーカー 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる