低温降雨条件でも低アミロ化しない穂発芽性極難小麦の作出

タイトル 低温降雨条件でも低アミロ化しない穂発芽性極難小麦の作出
担当機関 (株)北海道グリーンバイオ研究所
研究期間 2001~2003
研究担当者 奥村 理
吉村康弘
橋本智美(北海道グリーンバイオ研)
荒木和哉
三上浩輝
小林 聡
新発田修治(北海道グリーンバイオ研)
西村 努
前野眞司
沢口敦史
谷藤 健
中道浩司
天野洋一
田引 正
土屋俊雄
平井 泰
柳沢 朗
鈴木孝子
乕田淳史(北海道グリーンバイオ研)
発行年度 2003
要約 低温処理による穂発芽検定および発芽試験を組み合わせた選抜手法により、低温連続 降雨条件でも、低アミロ化しない穂発芽性極難系統「北系1802」を育成した。
キーワード コムギ、穂発芽耐性、穂発芽性極難、低アミロ耐性、半数体育種法
背景・ねらい 北海道では近年、夏期の気象変動が激しく、毎年穂発芽被害が発生している。夏期でも最低気温が15°C以下になることもあり、連続降雨条件があった場合には、非常に厳しい条件となる。 雨害を回避するために、既存の品種・系統よりもさらに優れた穂発芽耐性が必要とされている。 本試験では、小麦の穂発芽性極難系統の選抜法とその特性について取りまとめ、今後の北海道 における穂発芽耐性育種を発展させる資料とするものである。
成果の内容・特徴 1.穂発芽性“やや難”以上の系統を選抜するには晩刈15°Cの穂発芽検定が有効である。さらに穂発芽性が優れる穂発芽性“難”以上の系統を選抜するには、晩刈サンプルによる15°C以下 での発芽試験が有効である。処理温度が10°Cでは、さらに系統間差が拡大する(表1)。
2.穂発芽性極難系統「北系1802」は、穂発芽性やや難で良粉色系統であった「北系1616(後の 「きたもえ」)」と旧九州農試育成の穂発芽性“難”品種である「ニシカゼコムギ」との交配組合 せから、半数体育種法(葯培養)により育成された系統である。F2世代で春播性淘汰を含め た個体選抜を行った後、F3系統で葯培養により半数体倍加系統を作出した。「北系1802」 は、低温での穂発芽程度、発芽率が穂発芽性“難”の「北系1354」と比較して明らかに低い (表2)。成熟期および成熟期1週間後のサンプルを15°Cで10~12日間にわたり降雨処理して も、低アミロにならなかった(図1)。
3.穂発芽性極難系統「北系1802」を穂発芽性評価の指標系統として選定した(表3)。
成果の活用面・留意点 1.穂発芽性極難系統の選抜法として利用する。
2.穂発芽性極難系統「北系1802」を穂発芽耐性優良品種・系統育成のための母材及び穂発芽性評価の指標系統として利用し、穂発芽性選抜の効率化を図る。
カテゴリ 育種 小麦 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる