山川 睦

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門
肩書き 海外病研究調整監
氏名 山川 睦
連絡先(電話番号) 029-838-7708
所在都道府県名 東京都
見える化ID 001005
URL http://www.naro.affrc.go.jp/niah-neo/index.html
カテゴリ

研究情報

2014年度   Japanese encephalitis in a 114-month-old cow: pathological investigation of the affected cow and genetic characterization of Japanese encephalitis virus isolate

2014年度   Light-emitting diode (LED)を利用したCulicoides属ヌカカ捕集用ライトトラップの開発

2014年度   First isolation of border disease virus inJapan is from a pig farm with no ruminants

2014年度   Complete Genome Sequence of Bovine Viral Diarrhea Virus 2 Japanese Reference and Vaccine Strain KZ-91CP

2014年度   Bovine arbovirus in Culicoides biting midges and sentinel cattle in southern Japan from 2003 to 2013

2014年度   Application of a SYBR? Green One Step Real-time RT-PCR Assay to Detect Type 1 Porcine Reproductive and Respiratory Syndrome Virus

2014年度   紫外線LEDを用いた微小吸血昆虫(ヌカカ類)の採集装置の開発

2013年度   Molecular identification of field-collected Culicoides larvae in the southern part of Japan.

2013年度   Nonsuppurative encephalomyelitis in a calf in Japan and the isolation of Japanese encephalitis virus genotype 1 from the affected calf

2013年度   アカバネ病診断におけるリアルタイムRT-PCRの応用

2013年度   Light-emitting diode (LED)を利用したCulicoides属ヌカカ捕集用ライトトラップの開発

2012年度   国内新規のアルボウイルスの性状解明とRT-PCRによる検出法

2012年度   Genetic reassortant between Sathuperi and Shamonda viruses of the genus Orthobunyavirus in nature: implication for their genetic relatiohship to Schmallenberg virus

2012年度   宮城県で発生したアカバネ病の発生時期による病理学的特徴とウイルス遺伝子検出部位の推移

2012年度   家畜アルボウイルス感染症診断における遺伝子検査法の活用と実際

2011年度   Genetic and phylogenetic characterization of genome segments 2 and 6 of bluetongue virus isolates in Japan from 1985 through 2008

2011年度   Detection of Culicoides brevitarsis Activity in Kyushu

2011年度   牛異常産関連オルソブニヤウイルス検出用マルチプレックスRT-PCRの開発

2011年度   Characterization of Akabane virus isolated from cattle that showed neurological symptoms

2011年度   Neuropathological characteristics of cattle infected with akabane virus

2010年度   生後感染アカバネ病を発症した8カ月齢子牛における神経組織の病理学的および免疫組織化学的検討

2010年度   アカバネウイルスgenogroup II による育成牛の非化膿性脳脊髄炎

2009年度   最近における動物衛生研究情報(II)-アカバネウイルスによる牛の脳脊髄炎とその診断法

2008年度   沖縄県で分離された牛流行熱ウイルスの分子疫学的解析

2008年度   家畜アルボウイルスの流行動態

2008年度   南日本におけるヌカカ幼虫の棲息場所の調査

2008年度   鹿児島県で発生した若齢牛の非化膿性脳脊髄炎

2007年度   牛舎周辺からのヌカカ幼虫の採集と分子生物学的手法による種同定の試み

2002年度   ニパウイルス感染症

2002年度   ピコルナウイルスにおける新たなIRESの可能性-豚テシオウイルスを用いた解析から

2002年度   豚エンテロウイルスの遺伝学的および抗原学的解析

2002年度   口蹄疫の防疫戦略と研究体制

2001年度   Pathogenicity of a Japanese isolate of Foot-and-Mouth disease virus, strain O/JPN/200, to susceptible animals

2001年度   口蹄疫ウイルス日本分離株O/JPN/2000の病原性

2001年度   近年の国際重要伝染病の発生動向

2001年度   口蹄疫ウイルスO/JPN/2000株の緬羊および山羊に対する病原性

2001年度   口蹄疫ウイルス日本分離株(FMDV O/JPN/2000)の全塩基配列の決定

2000年度   放射線照射によるウイルスの不活化とガンマー線の牛胎児血清に対する影響

2000年度   口蹄疫のPCR診断及び日本分離株(O/JPN/2000)の遺伝子解析

2000年度   国内で発生した口蹄疫の症状とその診断およびウイルス分離について

2000年度   アフリカ豚コレラウイルスp32及びp54の発現と診断への応用

2000年度   Preferential infection of neuronal and astroglia cells by Akabane virus in primary cultures of fetal bovine brain.

2000年度   Molecular analysis of double-stranded RNA genome of a Palyam serogroup virus which caused congenital abnormalities of cattle:Phylogenic relationships to other Orbiviruses

2020年度   アフリカ豚熱ウイルスの感染動態・伝播様式および感染豚の特徴的な病変

2020年度   北米型豚繁殖・呼吸障害症候群ウイルス(PRRSV)による感染免疫は欧州型PRRSVの病態を軽減しない

2020年度   タイ国の口蹄疫ウイルス血清型Aの血清学的性状や遺伝的系統は周期的に変化している

2018年度   口蹄疫ウイルスO/JPN/2000弱毒株は豚に水疱病変を形成しない

2018年度   口蹄疫ウイルス感染豚におけるウイルスの局在部位

2018年度   口蹄疫ウイルス感染動物とワクチン投与動物を識別できる市販キットの評価

2018年度   国内に分布するヌカカのアカバネウイルス感受性

2017年度   日本国内の牛からは4つの血清型の流行性出血病ウイルスが分離されている

2017年度   特定の遺伝子グループのアカバネウイルスが牛の脳脊髄炎を流行させている

2017年度   口蹄疫ワクチンを投与した牛や豚はウイルスに感染しても無症状だがウイルスを排泄している

2017年度   短期間の流行における口蹄疫ウイルスのゲノム変異動態を解明

2017年度   弱毒生ワクチンの接種は高病原性PRRS罹患豚の臨床症状を軽減させる

2016年度   わが国周辺の家畜のアルボウイルスの蔓延状況を八重山諸島で把握できる

2015年度   我が国で分離された欧州型豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)ウイルスの病原性

2015年度   牛異常産関連オルソブニヤウイルス検出のためのリアルタイムRT-PCR法の開発

2014年度   豚コレラ清浄性確認検査で見出されたわが国初の羊のボーダー病ウイルス

2014年度   欧州型豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)ウイルス遺伝子検出法の開発

2014年度   紫外線LEDを用いた微小吸血昆虫(ヌカカ類)の採集装置の開発

2013年度   Culicoides属ヌカカ幼虫の分子生物学的手法による種同定

2012年度   わが国で18年ぶりに発生した馬伝染性貧血の診断と対応

2012年度   日本国内では少なくとも6血清型のブルータングウイルスが分離されている

2012年度   国内新規のアルボウイルスの性状解明とRT-PCRによる検出法の開発

2011年度   反芻動物のアルボウイルスを媒介するオーストラリアヌカカは九州に広く分布する

2011年度   牛異常産関連オルソブニヤウイルス検出用マルチプレックスRT-PCRの開発

2010年度   異常産を起こすアイノウイルスとピートンウイルスの間には、遺伝子再集合が起こる

2009年度   九州地方および台湾は同一の牛流行熱ウイルス流行圏に含まれる

2008年度   アカバネウイルスによる牛の脳脊髄炎とその診断法

2008年度   豚繁殖・呼吸障害症候群発生に伴う経済的損失は2006年の場合約280億円

2007年度   牛に異常産を起こすアイノウイルスの流行様式

2007年度   アカバネウイルスの遺伝学的多様性と遺伝子再集合

2006年度   系統樹解析によって明らかになったオルトブニヤウイルスの遺伝子再集合

2006年度   アカバネウイルス野外分離株の分子疫学的解析

2004年度   日本に新たに侵入したアルボウイルス“Shamonda virus(シャモンダウイルス)”

2004年度   抗原シフトが認められたチュウザンウイルスの発見と解析

2004年度   組換え口蹄疫ウイルス非構造蛋白質を抗原とする口蹄疫抗体識別検査法

2003年度   日本ではじめて分離されたシンブ血清群Sathuperi virus

2003年度   豚テシオウイルスの特徴的なIRES(Internal Ribosome Entry Site)

2002年度   日本で分離された口蹄疫ウイルスO/JPN/2000株の動物に対する病原性

2001年度   口蹄疫ウイルスO/JPN/2000の全塩基配列

1993年度   チュウザンウイルスのカプシド蛋白質遺伝子の構造

2009-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   東南アジア地域に分布する未知の吸血昆虫媒介性ウイルスの網羅的探索

2009-2011年   [農林水産省 農林水産技術会議]   緊急対応が必要なウイルス性疾病の診断・防除技術の高度化及び監視態勢の確立

2006-2007年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   虚弱および発育不良子牛の特異的指標の検索と予後診断技術の開発

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる